スキルアップ

理学療法士の副業について

理学療法士と副業について

理学療法士としてよくある悩みの1つに、収入の問題があります。

理学療法士の平均収入は420万円(厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査調べ)と、決して安いわけではありませんが、高収入とは言えないのが現実です。

独身であれば、なんとか生活出来るくらいの給料でしょう。

しかし、結婚し家族を養うことを考えると、理学療法士だけの収入では常に大きな不安が付きまといます。

ここで考えることは

「理学療法士だけでなく他の収入も得たい!」

所謂 副業 です。

しかし、

「そもそも理学療法士って副業が認められいるの?」

「もし、職場の連中にバレたらどうしよう?」

などの理由で中々行動に移せない方が多数だと思います。

長くなりましたが、今回は理学療法士の副業についてまとめてみました。

理学療法士は副業していいの?

そもそも理学療法士って副業していいんでしょうか?

結論から言えばOKです。

厳密にいえば、グレーです。

というのも、副業の扱いは、職場によって異なるからです。

よく「理学療法士は副業をしよう!」とか、やたらと副業を勧めてくるサイト等がありますが、はっきり言って無責任です。

だって、その人にとっては貴方が副業の事が職場にばれて懲戒を受けたとしても、

全く関係ないわけですから。

ですから、副業を考えている貴方に私がお勧めすることは、

職場の「就業規則」を確認することです。

スポンサーリンク


就業規則って何?

就業規則とは、その名の通りその職場の規則についてまとめられたものです。

どの職場にも必ず存在します。

これがないのであれば・・・

残念ながら、その職場の職業倫理は破綻していると考えていいでしょう。

この就業規則には職場のルールや、有休・育休に関して、ボーナス・退職金に関して等、様々な事が記されています。

言い換えれば、その職場の取り扱い説明書みたいなもんです。

「いやいや、そんなこと皆知っているよ。」とおっしゃる方も多いと思います。

しかし、私は就職して約4年ほど、就業規則の存在を知りませんでした。

だって上司は誰1人その存在を教えてくれませんでしたからね。

他の職場を経験された方から就業規則に関して教えて貰い、その存在を知ることが出来ました。

何故上司は教えてくれなかったのでしょうか。

職場の上司は就業規則はみせたくない?

先程も述べましたが、就職して4年間私は就業規則の存在を知りませんでした。そして同僚から存在を教えて貰い、早速見ようと思いその場所を尋ねました。

「就業規則は総務課と事務長室にしかないよ。」という返答でした。

正直驚きました。

就業規則はその職場のルールを記載したものです。なのにどうして置き場所を限定するのでしょうか。

わざわざ就業規則を見るために、他の部署まで出向いて閲覧しないといけない・・・。

就業規則にはこの職場の上層部にとって不都合な事が記されているんだろうか?

そのように感じた覚えがあります。

後の全体会議で、他の職員が就業規則の置き場所が限定されているのはおかしいという意見が出て、ようやく全部署に配置されました。(上層部はしぶしぶといった感じでしたが)

もし、就職して1度も就業規則を見たことがない!という方がいたら、ぜひこの機会に1度目を通してみましょう。

ちなみに転職後の職場では、入職説明会の時に就業規則が新入職員全員に配られ、常に手元にある状態です。

他の皆は当たり前のように受け取っていましたが、私は内心驚いた覚えがあります。

職場によって就業規則の取り扱いは全く異なるんですね。

就業規則は自分を守る武器になる!

少し話が逸れてしまいましたが、就業規則には副業についても記されています。

この副業に関する記載が、非常に重要になります。

まずはこの記載があったら、間違いなく副業が出来ないであろう文言を示します。

   副業はこれを禁止する/副業等の社外における営利活動を禁止する

これらの文章が記されていたら、基本的に副業は辞めておいた方が良いでしょう。副業するにしても上司に相談し、しっかり許可をもらってから副業をしましょうね。

上の例では極端な例を提示しましたが、職場によって副業の取り扱いは異なるので、まずは自身の職場が副業をどのように扱っているのか知ることが必要です。

就業規則は自分を守る武器にもなり得るのです。

ただ闇雲に副業をするのではなく、まずは就業規則を確認し、自身の行動でどれだけのメリット・デメリットがあるのかを把握したうえで、行動しましょう。

理学療法士と相性が良い副業とは?

世の中には理学療法士と相性のいい副業が存在します。

相性が良いとは、「自分のスキルを磨くことが出来る」、「職場に迷惑が掛からない」ことが条件になってきます。

非常勤アルバイト

まず一番にお勧めしたい副業が非常勤アルバイトです。

自分が勤めている職場が休みの時に、別の場所へアルバイトに行く方法です。

病院やクリニックでの非常勤アルバイトもありますが、デイケアやデイサービスもあります。

このアルバイトのメリットは、

「普段自分が経験できない分野」を経験できることです。

例えば日頃中枢疾患を専門的に診ていて、でなかなか整形疾患を診ることが少ないセラピストでも、非常勤アルバイトを通して違う分野の経験が出来ます。

また、病院でしか働いた事がないセラピストでも、介護分野でのアルバイトが可能であれば、違う分野の経験が出来ます。

多くの理学療法士はこの方法を選択しています。

インストラクターを取得する

現在、医療系の職種には様々な資格があります。

理学療法士も認定理学療法士の他に、手技等の講習会が数多く存在します。

その資格を極限まで学び、インストラクターを取得することで、インストラクターとしての収入を得ることが出来ます。

この方法のメリットは、1つの手技を極めることが出来、実際の治療場面でも役に立ちますし、患者様に還元できます。

しかし、1つの手技を極めることは並大抵のことではなく、費用も多く掛かります。

お金との戦いでもある訳です。

しかし、これらのデメリットを踏まえても自身のキャリア形成にも繋がりますし、多少遠回りですがこの方法はお勧めできると考えます。

個人契約を結ぶ(スポーツトレーナー等)

最後にお勧めするのは、理学療法士として個人と契約する方法です。

今、理学療法士の職域はかなり広がっています。

近年、個人の健康志向が高まっており健康増進やダイエットの分野の需要が高まっています。

また、スポーツの分野で活躍する理学療法士も多く存在します。

このような方々と個人的に契約を結ぶことで、本業とは違った収入を得ることが出来ます。

しかし、個人契約を結ぶことは決して容易なことではなく、貴方自身の腕や専門知識は勿論、人脈や契約のノウハウも必要です。

個人契約になるのでSNSやネットを利用した宣伝も必要になると思います。

その他

その他のお勧めの副業はこのブログのようなグーグルアドセンス等を活用した副業です。ここでは割愛しますが、かなり多くの理学療法士がやってますよ!

まとめ

以上簡単ではありますが、理学療法士の副業についてまとめてみました。

今回私が1番伝えたいことは、

副業をやるにしても、まずは自身の職場で副業がどのように扱われているかしっかり把握すること、そして、リスクをしっかり把握しましょうということです。

副業って言葉の響きは良いですけど、下手したら自身の社会的信用を貶めかねない行為になります。

ですから、副業を考えている方は、まずは自身の職場の就業規則を確認することから始めましょう。